r お越しいただいたお客様

r 近隣の方々

r 卒業していったr−lady達

r 陰ながら支えるr-crew達

r 毎日たつスタッフ

r 集う家族

r

様々な一年間を

どうもありがとうございました

感謝がつきない

今日をむかえました

毎日の積み重ね

それを

そこに

あるモノを通じて

『ピンっとくる』

コトを創造することで

京都

という小さいながら 大きくなる街で

一年間

をようやく思い返せる

この年の瀬

そのモノを手にされたお客様とともに

創造したストーリーは

また思い返される時にこそ

r

りん

に立ち寄られる時となりましょう

そのように

笑顔がこぼれる一期一会を

努めてまいります

2012年

様々な枝が別れ

それが脈々と実る

3年ほどが楽しみで仕方ありません

2013年宇宙の旅と描いたスケッチが懐かしくも

今に繋がる点を線にかえてもくれました

感謝

その都度

テーマを決めてシーズンを考えており、

『2012 A/W space mountain 』

ある時にこそ 人知れず 集う スペースが

あるとなら

例えば

雪ノ山荘やロッジやしなびてるけれどイケテルMOTEL

そこに集う 人たちは どんなコトを纏めているのだろうと

空想と現在の利用を日常から求め 描いたものを

カタチとしていきました

それはあくまで

rがあり

また

もう一店舗

4Fparallelがあることで

現実に

日常に浮かび上がる言葉やワード

取り巻きに漂う不思議な思考

そういったものが

人と出会うコト

モノと出会うコト

再会すること

忘れゆくコト

通して

その

日常らを

記憶していくように

いまに感じることを発想しカタチと残りました

明日から始まる

2013年

あたらしく出てきたワードは

『Dreaming y Dreaming 』

水からはなれて

プリミティブに生命を更新していく

エネルギーの流れみたいなものが

虹である

 蛇年となる2013年

虹と蛇の字が似ているコト

虹蛇

をひとつの例にとらえてみて

誰もがみゆる 夢のでの生活

それで感じるあらたなモノにとらえかた

『No off season』

なる旅で 2013年を始めます

でわ よい一日こそ よい一年を

代表 日高 大樹

 ps.

1月2〜6日まで

店内の商品がかなりお買い求めやすくなります

みなさまの御来店をこゝろよりお待ちしております